中日本アレクサンダーテクニーク教室
  1. HOME
  2. プロフィール

教師プロフィール

河野広昌

一般社団法人アレクサンダーテクニーク教師会(ATK)理事
ATJ名古屋校アレクサンダーテクニークコース修了
(意識調整教師コースは2022年卒業予定)

 1986年生まれ。いろんな場所に住んでますが富山が一番長いです。今では名古屋が大好きです。 幼少期よりピアノを始め、高校時代からバンドでキーボードを担当。大学卒業後はしばらくフリーターしながらバンド活動してました。 スポーツは高校時代からテニス部。 趣味は歴史研究・山登り・読書・占星術など。地元では獅子舞の笛吹きなどもやってます。

 ワークを始めたきっかけは「洋楽演奏ができるようになりたい」から。60年代、70年代のソウルや旧いJazz,Bluesが好きです。 自分の演奏に納得がいかず、アメリカでのツアー経験もある横江大樹氏に音楽を習いたくて母校ATJに通い始めました。 直接的にATを勉強したかったかというと、そうでもないですね(笑)

  しかし、「もっと人間関係を上手くできるようになりたい」「自信をつけたい」などの思いもありました。 自分の人生に根本的に迷っていました。そのためにワークが必要だとどこかで思ったのだと思います。 ワークを進めていくうちに、様々なことがクリアになっていきました。

 自分のワークを進めるうえで最大の障害は「嘘をつくこと」だったと思います。 当該ワークは「自らの過ちを認めて自己修正する」ものですから、自分に嘘をついていてはワークは進みません。 「嘘も方便」ならいいのですが方便ばかりでそれが染みついてしまったらただの嘘つきです。 嘘をつくことは「自己防衛」の本能的・潜在意識的反応で、恐怖反射です。 自分で自分をだましながら本ワークを進めていくことはできません。どこかで自分に正直になる、認めたくないことも認めることが必要になります。

 自分に正直になる、これを心がけて生きるだけで以前より生きるのが楽になりました。 (社会との摩擦は増えたところもありますが、以前より堂々としていられます。) まだまだ、ですが・・・

 今では教師として、このワークが世に広まる必要性を強く感じています。 昔の自分の様に苦しんでいる方にはぜひワークを進めていただきたいです。 我々教師が要らなくなる世の中が来たら、「人類は進化し」世界平和が実現していると思います。

結局、人格の向上と自分自身の使い方の向上というのは同じものであると思います。心身統合体ですから。自分はろくな人間ではないと思っています。ですが、少しでも自らの人間性・人間力を高めていきたいと思っています。今生でどこまで出来るかわかりませんが。 昔の日本人はすごかったなと思います。明治時代の人々の写真を見ると使い方が良いです。精神性の高さがうかがえます。 そんな素晴らしい先人が住んでいた国に生まれ、その国が没落していく現代において、せめて少しでも先人に近づきたいと思っています。

ページトップ