中日本アレクサンダーテクニーク教室
  1. HOME
  2. 本教室について
  3. 環境調整

環境調整

『事実、文明社会の人類はワインや砂糖や薬物を摂取し、気が付けば健康や性格を徐々に蝕んでいて、これを積極的な証拠とすれば、身体が主導して精神的な自己を抑えつけており、石器時代と全く同じだ。』人類の最高遺産 p.94 横江大樹訳

いわゆるアレクサンダーテクニークは「自己の使い方」を学んでいくわけですが、こんな場合はどう思われますか?

使い方が改善したけど、毎日カップラーメンを食べ、身の回りは電子機器だらけ、着るものも化学繊維だらけで合成洗剤を使って生活している・・・(実際にはこんなことありえないかもしれませんが・・・笑)

どうでしょうか?人が生きている以上、周りの環境からの影響をうけてしまいます。人間は自分が食べるものによって作られているので、食べ物の善し悪しも影響しますし、人間の神経は電気を使って信号のやり取りをしているので、周りの電磁波の影響も受けます。着るものも肌に合うものと合わないものがあります。家の建材からでる化学物質や空気なんかも影響するでしょう。

それら多くの問題には、対策があります。当教室の母校であるATJでは、環境対策にも力を入れています。

個人的な体験でお話しますと、私はエンジニアとしてソフト開発の仕事をしていた時期があるので、生活の多くの時間を周りがコンピュータや電子機器に囲まれているという状態で過ごしていました。だれしも経験すると思いますが、ずっとコンピュータの画面に向かっていると目の奥が痛くなったり、頭痛がしたり、妙に疲れたりということが起こります。私のいた職場で周りを見渡してみると、喉がいがいがしていてずっと咳払いしている人が多かったり、精神的にもイライラしている人が多かった印象があります。すべてが電磁波の影響とは言いませんが、大きな原因ではあったでしょう。

そこで私は電磁波調和グッズを使ってなんとかしのいでいました。電磁波調和グッズは、下記電磁波調和サイトにあるようにダイヤシステムズという愛知県一宮市にある会社で作っています。使って頂ければわかるのですが、PCの画面からでる電磁波を緩和したり、身体に受けた電磁波を抜いたりするという効果があります。こういうグッズをうまく工夫することによって、何も対策しないときに比べるとかなり心身が楽な状態で仕事ができていました。(もちろん最初から電子機器を使わないのがいいのかもしれませんが、現代ではそうも言ってられませんし・・・)

職場にグッズを忘れて行った時は疲れが増したし目の奥がキンキン痛くなったりしたので、その効果は実感しています。(ちなみに、楽器演奏者の方はこのグッズを使うと音抜けが良くなったり、アンプの音がリッチになったりします。実際私はこっちの効果に興味があって使い始めたわけです笑)

問題があっても対策を講じて原因をなくしていけば悪い影響を減らすことができます。あとは、衣服の材質を自然素材にするとか、合成洗剤をやめるとか、住居の電気系統を見直すとか・・・やれることや、やめられることはたくさんあります。

当教室では、実際に教師自らが試して実績のあったことだけを紹介しますし、人によっては効果が無かったり、逆効果になってしまうこともあるかも知れないので、レッスン中に相談しながらお伝えしていきます。電磁波グッズは必要ならば在庫がありますので販売もしています。現代を健康に生きていくためには、いろいろ知識をつけて実際に効果があることを実践していく必要があります。まだまだいろいろと研究中ですが、ご興味があればレッスンで聞いてください。

>

電磁波調和グッズサイト